Category Archives: 評論

中国のメディア現象

ネットの発展に伴って、この数十年間BBS、SNSでの利用者が増えています。しかし、メリットが多い反面、人に大きな影響を及ぼしています。 新聞や事件などは客観的に報告されるのは一般的な基準と思います。食べ物に喩えると飯とか普通すぎるの存在である。けれど、中国には、多分ケーキようなものです。ニュースのトピックスには丁寧に観点や結論を直接に表します。あるいは好奇心を掻き立てるためのタイトル。でもそれを慣れてたら、自分の考え力が貧弱になる間違えない。次の悪いところは、結論の裏側に著者の価値観もあります。例えば、悪性事件が起こったら、報道の結論は大体救助活動のときある人が生き残るや救援隊がお疲れ様だなどの励まされることになります。 もう一つのタイプは、評価するしか結論できないことです。こ言うことは私の目の前に、餌ということです。もし、ネチズン達が両派に分かれば、政府が中立の立場に立ている。ネチズン達が全部反対の意見を持ったら、政府は真相を塗るのをなります。それなら、いろんな人が原始の素材を再生産するのになります。例えば、あのコロナウイルス禍は始めてから政府がウイルスを隠すことを大批判する。アメリカやヨーロッパの起源論が起こりました。果たして正確の集団記憶も形成したと言う結論が出来ました。もちろん、これは政府の大勝利になる。

Posted in 評論 | Leave a comment

天気の子 感想文

日本語: これは自由を見つけることについての物語です。 自由の定義は世間に多くの説明がありますが、若い少年少女のこたえは、現状を打破したいです。 男の主人公森島帆高は故郷の父親にひどい傷を負わされるけど自立して行動できる大人になれる未来のために、上京しました。私みった時、同じ気持を気がする、自分の人生のすべてを支配された場所から逃げ出したくたいです。帆高がホテルに滞在した最後の夜は、彼がこれまでに感じた中で最も自由な時間であるはずでしょうか、家族みたい人が側にいるし、お金があるし、食べたいもの放題し、やっと安心しました。(お疲れ様でした)彼が時間がもし止まるといいかなと思います、引き続き幸せな味を舐めっている。 一方、天野陽菜は、18歳を装った15歳、この時からひとりで金を稼ぎ、自分と弟を養っています。もし体を売ってお金を稼ぐ第一歩を踏み出せば、自愛と自由は遠いはずだ。この年齢は他の若者と同じように人生の意味を見つけるはずです。あの時、人を手伝う後、華やかな花火を背景に、100%晴れる女の子、ようやく人生の意味がわかったと語った。この点、私も感動した。普通の人である私は、かつて他人を助ければ嬉しいになれると考えていました。これは生きていて自分の価値を実感できる気持ちです。 これは二人共感の物語です “これ、あげる、内緒よ。君三日それ連続じゃ” 陽菜さんはトウモロコシのカップを3日間連続で食べることの意味を知っているので。彼女は貧困と飢餓がよく知っていました。それは世の中に雪中に炭を送るような珍しいことになります。最初は主人公たちの愛情が少し浅すぎて絆が足りないと感じました、全く間違いました。この感情には、映画や歌など、2人との共通の趣味がたくさんあると同じことです。 これは現実世界を批評の物語ですなぜ単純な愛と関係は人が年を取るにつれて複雑になるのか。陽菜と世界が晴れるの選択が最初から成立しないでしょう? (lyrics:勇気や希望や 絆とかの魔法。使い道もなく オトナは眼を背ける勝者の時代に どこで息を吸う支配者も神も どこか他人顔だけど本当は 分かっているはず) なぜわずか15歳の陽菜が、経済的責任をサポートして、どうでも耐えなければならない。15歳は学校で友達と一緒に遊んでいたはずでしょ? (lyrics:世界が君の小さな肩に 乗っているのが僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると) だから、陽菜を助けなちゃいけない。世界はとんでもいい、互いに心や考えを知り合っている人簡単に見つけませんか? 細かいこと: 名前。帆高と言う名前は海を駆ける意味を含めて、天野(あま:海)とふさわしいですか? 社会。今まで何人も自分の命を犠牲にする。これは人を喰い社会。 恋Dance。ホテルに泊まったあの時、「逃げるは恥だが役に立つ」の曲を歌て、その時多分自分を供犠すると考えって、別の世界に逃げったら、この世界の人を救われると思ってる。 ルール。映画中の大人は、社会のルールによって拘束された、他人の感情を簡単に感じることはできません。たとえば、未成年者はホテルに滞在できず、大人は伝説を信じていません、警察署に入るときは子供が正直でなければなりません。(lyrics:重力が眠りにつく 1000年に一度の今日いざ期待だけ満タンで あとはどうにかなるさと 肩を組んだ)「大丈夫」の歌詞によって彼らやっと空に飛びて、規則に解放されたと暗示をかけります。 天気。 自然な天気について、今は十年前の気温比べれば、よく暑くなります。この雨は、自然の修復力ようなもの。人類はまた天意を従わない、人を供犠としている。主人公の選択は正しいです。 雨の日ばかりは社会規則中のBUGと象徴して、だから人に責任を擦り付ける。 走る。これはやはり日本の特徴 です。一生懸命走って、ドラマにどこでも見えます。(笑)

Posted in ドラマと映画, 評論 | Leave a comment